カシオ

QV-10A

CASIO / QV-10A

 1995年に発売されたCASIO QV-10は,ディジタルカメラというものを一般市場に定着させた,まさにエポックメイキングな製品であった。その撮像素子は25万画素で,ピント調整はできず(固定焦点),フラッシュも内蔵されていない。写真を撮る道具としてはやや物足りないものであったが,撮影した画像を内蔵した液晶モニタですぐに見られることや,パソコンに取りこんで利用するなど,あたらしい価値観を定着させた功績は大きい。
 画質の面ではまったく物足りない仕様であった一方で,ディジタルカメラならではの特徴として,レンズ部分が回転できるようになっているなど,ディジタルカメラならではの機構も盛りこまれていた。
 撮影した画像をパソコン取りこめるという大きな特徴があるものの,メモリカードには対応しておらず,撮影した画像は内蔵メモリにのみ記録される。USB端子やIEEE1394端子などが登場する以前のことであり,パソコンとはシリアル端子(RS-232C)で接続する。撮影した画像をパソコンに取りこむには,専用の接続ケーブルとソフトウェアが必要であった。その他オプション品として,専用のフロッピーディスクドライブが用意されていた。

 CASIO QV-10は,おもに低価格化を実現するためと思われるモデルチェンジを繰り返しながらも,基本的なスタイルを変えることはなかった。ここで紹介するCASIO QV-10Aは,1996年に発売されたもので,CASIO QV-10のマイナーチェンジモデルとなる。機能はとくにかわらず,外見的にはボディーカラーが変更された程度である。内部の画像処理ソフトウェアが改善されたというが,撮像素子が25万画素で固定焦点である以上,劇的に画質が向上したという印象にはつながらないだろう。

 CASIO QV-10以来の,液晶モニタをファインダーとして使いレンズが自由に回転するというのは,ディジタルカメラならではのスタイルだった。後に,Nikon Coolpix 2500なども,そのようなしくみを取り入れている。シリーズ後継機となる光学ファインダーを設けたCASIO QV-70は,ディジタルカメラならではのスタイルを模索するというスタンスを離れ,従来のフィルムカメラのスタイルと使い勝手に近づくものであった。結局,多くのディジタルカメラが,その方向に進むことになるが,最終的には一眼レフカメラを除いて,光学ファインダーを使わずに液晶モニタを利用する形式に収れんしている。

CASIO QV-10A, Body No.1035358A
撮像素子タイプ1/5型 CCD 撮像素子画素数25万画素
記録画素数320ピクセル×240ピクセル
撮影レンズ5.2mm F2.8
露出調整絞り優先AE 絞り2段階(F2.8,F8)
 シャッター速度 1/8〜1/4000秒
ピント調節固定焦点(F2.8:0.6m〜3.1m,F8:0.3m〜∞)
接写モード(F2.8:0.13m〜0.16m,F8:0.11m〜0.21m)
記録メディア内蔵メモリ(2MB)
電源単3形乾電池 4本
発売1996年3月