各社

インスタントフィルムホルダ

instant film holder

フィルムバック交換システムの意味

 ディジタルカメラでの撮影では,撮影したその場で仕上がりイメージを確認できるが,フィルムを使った撮影では,現像するまでわからない。そこでスタジオなどでの撮影では,本番の前にインスタントフィルムで撮影して,ライティング等を確認する「ポラ切り」などとよばれる作業がよくおこなわれていた。
 中判カメラや大判カメラではフィルムバック部を自由に交換できるようになっているものが多いが,これはフィルムの迅速な交換だけでなく,本番撮影用のフィルムのかわりに同じ条件でインスタントフィルムが使えるという要求にもこたえられるものである。

ポラバック

 カメラに取りつけて,インスタントフィルムを装填し撮影できるようなインスタントフィルムホルダは,各カメラ用に,各フィルムサイズ用に用意されていた。

FUJI

INSTANT HOLDER PA-24

4眼式証明写真用カメラ「FP-14」用のインスタントフィルムホルダ。使用するフィルムは,8.5cm×10.8cm(レギュラーサイズ,スタンダードサイズ)のFP-100C,FP-100B,FP-400B,FP-3000Bなど。


FUJI

INSTANT HOLDER PA-45

2眼式証明写真用カメラ「FP-UL」用のインスタントフィルムホルダ。使用するフィルムは,10.2cm×13.1cm(4×5サイズ)のFP-100C45,FP-100B45,FP-500B45,FP-3000B45など。4×5判カメラにも使用可能。


Mamiya

POLAROID HOLDER M80

マミヤユニバーサルプレス」でポラロイド80シリーズのフィルムを使用するためのホルダ。Pアダプタを併用して「マミヤRB67」でも使用可能。


NPC

PROBACK II for Nikon F3

ニコンF3」でポラロイド100シリーズ,600シリーズ,フジFP-100などのフィルムを使用し,1枚に2カットを撮影することが可能。


ピールアパート式インスタントフィルムの現状 (2014年4月)

 ポラロイドがインスタントフィルムの製造を終了した後,インスタントフィルムを安定して入手できるのは富士フイルムの製品だけとなった。とくにレギュラーサイズおよび4×5サイズでピールアパート(剥離)式のモノクロフィルムとカラーフィルムとが供給され,インスタント写真を楽しむ環境は維持されていた。しかし,2009年にモノクロフィルムのラインアップが大幅に整理され(*1),ついで2011年にはモノクロフィルムの供給を終了することがアナウンスされた(*2)。また,2014年2月には,カラーフィルムの「FP-100C 45」の生産終了がアナウンスされ(*3),4×5サイズのインスタントフィルムの生産がすべて終了することになった。この結果,2014年4月現在で「生産終了」になっていないピールアパート式インスタントフィルムは,カラーフィルムのFP-100CおよびFP-100C Silkだけとなっている。

*1 インスタント黒白FPフィルム一部製品販売終了のご案内 (2009年9月24日 富士フイルム株式会社)
http://fujifilm.jp/information/articlead_0018.html

*2 インスタントピールアパートタイプ・フィルム 「インスタントB&Wフィルム FP-3000B 45 SUPER SPEEDY」販売終了のお知らせ (2011年9月29日 富士フイルム株式会社)
http://fujifilm.jp/information/articlead_0132.html

*3 インスタントピールアパートタイプ(剥離方式)フィルム 「インスタントカラーフィルムFP-100C 45」 「インスタント黒白フィルムFP-3000B SUPER SPEEDY」販売終了のお知らせ (2014年2月12日 富士フイルムイメージングシステムズ株式会社)
http://ffis.fujifilm.co.jp/information/articlein_0031.html

ピールアパート式インスタントフィルムの現状 (2016年2月)

 ピールアパートタイプのインスタントフィルム「FP-100C」を発売してきた富士フイルムが,2016年2月29日付でその発売の終了をアナウンスした(*4)。これによって,ピールアパートタイプのフィルムの発売が,完全に終了することになる。

*4 インスタントカラーフィルム「FP-100C」販売終了のお知らせ (2016年2月29日 富士フイルム株式会社)
http://fujifilm.jp/information/articlead_0384.html