アーガス

C3

Argus / C3

 アーガスC3は,1940年代にアメリカで爆発的に普及した,ファインダーに連動距離計を内蔵したカメラである。ボディ外観はまったくの黒い直方体で,大部分は合成樹脂製のようだが非常に重い。ストラップをつける金具がないので,携行に革ケースは必須である。その形態からアメリカでは「brick (レンガ)」,日本では「弁当箱」と呼ばれることもあったようだ。
 黒い直方体ボディや,右手でギアを回すことでピントを調整できるなどの点からは,全体的の印象として,「Contax I」に似せようとしたのではないかと感じられる。しかし,Contaxとは違ってシャッターはフォーカルプレーン式ではなく,リーフシャッターをレンズのすぐ後のボディ側に配置している。これによってレンズ交換が可能になり,さらに,レンズがコンパクトになることや連動機構が不要になることなどから,故障も少なくなる効果が期待できただろう。また,シャッターのチャージと巻き上げは連動していない。巻き上げのときにはその都度,ストッパーを解除して巻き上げノブを操作する必要がある。なお,シャッターを切るときにシャッターをチャージするレバーが手にあたりやすく,シャッターの動作を妨げることがあるので,注意が必要である。
 ファインダーは,距離計窓とフレーミング窓が独立した「二眼式」になっている。距離計は,よくある二重像合致式ではなく,上下像合致式である。ちょうど,オートフォーカスではない一眼レフカメラによく内蔵されている「スプリットイメージ」のように使うことができる。
 アーガスC3の特徴として,レンズ交換が可能なことがあげられる。交換レンズとしては,35mmから135mm (135mmについては,現物を見たことがない)までのものが用意されているようだ。レンズ交換の際には,ヘリコイドと距離計を連動するギアをはずす必要があり,たいへん煩雑である。


Argus C3, No.157933
シャッター速度B,1/10sec〜1/300sec
レンズマウント専用スクリューマウント
ピント調節上下像合致式距離計内蔵
発売1939年〜1966年

アーガスC3のレンズ交換

 アーガスC3用のレンズとしては,50mm標準レンズのほかに,35mm広角レンズや100mm望遠レンズなどが用意されている。本体や標準レンズが多数流通していることにくらべると,これらの交換レンズの流通量は決して多くないため,いざ探そうと思ってもなかなか見つからないかもしれない。しかし,人気がないせいか流通している価格はさほど高いものではないと思われる。
 レンズマウントはねじこみ式のもので,鏡胴根元のギアを介して距離計と連動している。レンズ交換の際にはそのギアをはずす必要があり,その手順は以下に示すように煩雑である。
 現在,入手している交換レンズについては,以下の各ページを参照されたい。

 ●広角レンズ ENNA SANDMAR 35mm F4.5
 ●標準レンズ ARGUS COATED CINTAR 50mm F3.5
 ●望遠レンズ ENNA ELE-SANDMAR 100mm F4.5

アーガスC3のレンズ交換手順
50mmレンズを35mmレンズに交換しよう!
距離計連動ギアを押さえるネジをはずす。
距離計連動ギアをはずす。
マウントはネジこみ式なので,回せばはずれる。
交換レンズをネジこんでとりつける。
距離計の目盛りとレンズの目盛りをともに無限遠にあわせて,連動ギアをとりつける。
距離計連動ギアを押さえるネジをとりつけて,レンズ交換完了(レンズはフードをつけた状態)。
同様に100mmレンズにも交換ができる(レンズはフードをつけた状態)。
50mmレンズには目盛がないので,レンズ側のギアの端が無限遠になるようにあわせる。