ニコン

Newピカイチ

Nikon / L35AD2

 初代ピカイチ (Nikon L35AD)の後継機にあたる,フルオートコンパクトカメラである。初代ピカイチは,ぱっと見た目には平凡なフルオートコンパクトカメラであるが,「4群5枚構成レンズ」「+2EVの露出補正」「46mm径フィルタネジ」など目立たないところにも力を入れて,まさに「満を持して」登場したカメラであった。ただ,そのような「凝ったつくり」は,マニア層には受けがよくても,一般の消費者に対して強くアピールするものではなかったのかもしれない。モデルチェンジしたこの「Newピカイチ」では,搭載されるレンズのスペックは,3群4枚構成の平凡なものに変更された。一方,「DXコードへの対応」「レンズカバーを内蔵しキャップレス化」など,使いやすさへの改良がなされている。また,最短撮影距離が0.7mにあらためられた。これは,初代ピカイチにくらべて短縮されたが,0.7mではまだ物足りないものがある。もっとも,パララクスの問題があるので,マニア層ではないユーザを対象にした場合は,これくらいにとどめておくのが無難なのかもしれない。


Nikon L35AD2, Body No.4175089
撮影レンズNikon LENS 35mm F2.8 3群4枚
露出調節プログラムAE
ピント調節アクティブ式AF 0.7m〜∞
内蔵フラッシュGN10 (ISO100)電源単3乾電池 2本
発売1985年

Nikon L35AD2 (Nikon LENS 35mm F2.8), JX100

 周辺減光が見られるが,問題となるレベルではないだろう。

Nikon L35AD2 (Nikon LENS 35mm F2.8), JX100

 線の細い描写をするという印象である。