ペンタックス

MZ-50

PENTAX / MZ-50

 日本カメラショー「カメラ総合カタログ」では,vol.114 (1998年)で,MZシリーズが一気に2機種から6機種に増えている。MZ-50はシリーズの最廉価モデルとして位置づけられており,vol.117 (2001年)まで掲載がある。前年に発売されたPENTAX MZ-10でとりいれられたオートピクチャーモードは割愛され,測光の分割数や測距点の数も削減されるなど,簡略化がおおいにすすめられている。とくに,絞りリングにAポジションのないレンズ(Kレンズ,Mレンズ)が使用できなくなったことからは,古くからの中級以上のユーザは対象ではなく,あらたなる初心者ユーザにターゲットを絞ったものと考えられる。

PENTAX MZ-50, No.
シャッター電子制御縦走り金属幕
シャッター速度B,30秒〜1/2000秒スピードライト同調1/100sec,X
露出計2分割評価測光
露出モードプログラムAE,絞り優先AE,シャッター速度優先AE,マニュアル
マウントペンタックスKAFマウント
発売1997年5月