ミノルタ

X-7 ブラック

MINOLTA / X-7 Black

 衝撃的なTV-CFの影響で大ヒットになった,絞り優先AE一眼レフ「ミノルタX-7」(シルバーボディ)の改良モデルである。一眼レフカメラに,シルバーボディとブラックボディの2種類が用意されることは珍しくないが,それらは色が違うだけであり,価格が違うことはあるものの,機能や性能に違いがあることは,まずない。ところが,X-7は,シルバーボディとブラックボディで大きな違いがある。ブラックボディでは,ファインダースクリーンに,シルバーボディでは採用されなかったアキュートマットが採用され,非常に明るい像が得られるようになった。アキュートマットこそが,ミノルタのカメラを使う大きなメリットであるという評価を耳にすることもあるくらいだ。
 露出モードは,絞り優先AE専用である。手ぶれ警告音がうるさく,プレビュー機構がないなど,基本的に初心者をターゲットにしたモデルである。しかし,露出補正は+-2EVまで対応するなど,実用機としての性格も備えている。
 あらためて手に持ってみると,実にしっかりとつくられた重いカメラであることがわかる。ファインダーも見やすく,安心して使えるカメラである。中古市場での価格も安く,また,ミノルタMDマウントの交換レンズは全体的に安いので,この時代のAEカメラを体験したい人にとっては適しているかもしれない。初心者が購入しても,十分に使いこなせるであろうと思われる。ただ,現行のミノルタαシリーズのシステムとは互換性がなく,交換レンズなどのアクセサリ類は,中古カメラ店でさがすことになる。今後,必要なものが思うように入手できなくなるかもしれない。

MINOLTA X-7 Black, No.7157806
シャッター電子制御横走り布幕
シャッター速度1〜1/1000 (AE)スピードライト同調1/60sec,X
露出計TTL中央部重点測光露出モード絞り優先AE
マウントミノルタMDマウント
発売1981年