ミノルタ

α-8700i

MINOLTA / α-8700i

 ミノルタαの2番目の「i」シリーズにおける最上位モデルである。ミノルタαシリーズでは,中心となる中級モデルには「7」という数字がつけられ,廉価版には「5」や「3」といった小さな数字がつけられる。シリーズ最高級機を示す数字としては「9」が用意されているが,「i」シリーズでは「9」の称号をもつモデルは登場せず,「8」が最上位モデルとなった。
 「i」シリーズは「インテリジェントAF一眼レフ」が謳われており,オプションの「インテリジェントカード」(「インテリジェントカード」の種類については,α-7700iの項目を参照)を装着することで,機能が拡張するようになっている。α-8700iでは,マルチモードAE,ワイドエリアAF,多重露光などの機能が最初から内蔵されているので,インテリジェントカードで機能を拡張する必要もないかもしれない。
 ボタンとレバーによる各種切り替えはやや煩雑であるが,まだこの時代は「多機能」といってもたかがしれており,少しなれれば操作に迷うこともないだろう。やや大きなカメラであるが,つくりもしっかりしており,使い心地は良好である。

MINOLTA α-8700i, No.11215750
シャッター電子制御縦走り金属幕
シャッター速度B,30〜1/8000スピードライト同調1/200sec,X
露出計TTL 多分割測光,中央重点的平均測光,スポット測光
露出モードプログラムAE,絞り優先AE,シャッター速度優先AE,マニュアル
マウントミノルタα
発売1990年