チノン

CP-9 AF

CHINON / CP-9 AF

 1985年にMINOLTA α-7000が発売された後,いろいろなメーカーからレンズ交換式のオートフォーカス一眼レフカメラが発売されるようになった。このときにオートフォーカスの一眼レフカメラを発売しなかったコニカやフジなどは,一眼レフカメラの市場から静かに去っていった。日本カメラショー「カメラ総合カタログ」をたどると,vol.85(1986年)では,Nikon F-501AFMINOLTA α-9000が登場し,さらにvol.88(1987年)では,PENTAX SFXOLYMPUS OM707,Canon EOS650とEOS620,KYOCERA 230-AFが掲載されて,レンズ交換式のオートフォーカス一眼レフカメラのメーカーが出そろった。いずれもその後,ディジタル一眼レフカメラも発売するようになる。
 レンズ交換式のオートフォーカス一眼レフカメラを発売したメーカーは,このほかにまだ2社ある。1つはシグマだ。シグマも,のちにディジタル一眼レフカメラを発売する。残る1社が,チノンである。vol.91(1988年)に,チノンのオートフォーカス一眼レフカメラCHINON CP-9 AFが掲載された。標準ズームレンズと望遠ズームレンズが供給されたが,交換レンズが充実することなく,オートフォーカスの後継機も発売されなかった。vol.99(1990年)までは掲載があったが,vol.100(1991年)からは掲載がなくなった。

 チノンとしては唯一のレンズ交換式オートフォーカス一眼レフカメラであり,一眼レフカメラのラインアップの最上位に位置する機種である。当時としてはとても多機能なカメラであり,オートズームプログラムAE(ふつうのプログラムAEだが,ズームレンズを望遠側にするとシャッター速度が速くなる),絞り優先プログラムAE(できるだけ絞り込もうとする),シャッタースピード速度優先プログラムAE(できるだけ速いシャッター速度を使おうとする)に加えて,AEB(露出をずらしながら連続して撮影する),絞り優先AE,マニュアル,バルブ露出という,多くの露出モードが選択できるようになっている。また,インターバルタイマー撮影機能もあると説明されている。
 CHINON CP-9 AFの最大の特徴は,交換レンズが「レンズ内モーター駆動式」であることだ。MINOLTA α-7000以前のオートフォーカス撮影もできる一眼レフカメラは,レンズ側にピントリング駆動用のモーターとその電源を内蔵するようになっていた。そのこともあって,オートフォーカス用のレンズは大きく重く高価で,レンズのラインアップが広がることもなかった。それに対してMINOLTA α-7000では,ピントリング駆動用のモーターはボディ側に内蔵した。これによって交換レンズがシンプルなものとなり,ラインアップも充実するようになったといえる。ニコン,ペンタックス,オリンパス,京セラも,同様のシステムになっている。
 一方,キヤノンだけは,レンズにモーターを内蔵させた交換レンズ群を用意した。そのような時代に,チノンもモーターを交換レンズ側に内蔵させたのである。ピントリングの動作そのものは,たしかに速く感じる。しかし,まdオートフォーカスの精度がじゅうぶんではなかったのか,実際の使用においてはその速さを実感しがたい。また,動作音はとても大きい。あえて表現すれば,「爆音爆速オートフォーカス」となる。
 だが,CHINON CP-9 AFは,キヤノンEOSと互換性があるわけではない。基本的には,Kマウントのカメラである。CHINON CP-9 AFでは,Kマウントの交換レンズが利用できる。ペンタックスAシリーズと共通の電気接点があり,ペンタックスAレンズを装着すればプログラムAE撮影も可能である。それ以外のレンズでは,絞り優先AEとマニュアルだけとなる。

 少なくとも日本国内では,よく売れたとは思えない。それくらい,中古カメラ店などで見かける機会が少ない。特異なカメラなので興味をもつ人も多いと思うが,多少多機能であるといっても,全体としては平凡なカメラである。魅力的な独特の交換レンズが用意されているわけでもない。売れなかったすれば,ぜひこのカメラでなければという特徴がなかったので,ニコンやキヤノンなどのブランドにはとても対抗できなかった,ということになるだろうか。

CHINON CP-9 AF, No.V120199
シャッター電子制御縦走り金属羽根
シャッター速度B, 8sec〜1/2000sec
露出モードプログラムAE,絞り優先AE,マニュアル
マウントKマウント互換(チノンAF専用),ペンタックスAレンズ互換接点あり
発売1988年ころ

 レンズマウントの基本的な形状は,ペンタックスと同じKマウントであるが,オートフォーカスに関する電気接点は,ペンタックスのオートフォーカスシステムとまったく異なっており,互換性がない。