ニコン

ニッコールSオート 5.8cm F1.4

Nikon / NIKKOR-S AUTO 5.8cm F1.4

 ニコンF用として,はじめてのF1.4の大口径標準レンズである。F1.4の標準レンズの焦点距離が50mmになるのは,1962年発売のNIKKOR-S AUTO 50mm F1.4からになる。

NIKKOR-S Auto 5.8cm F1.4, No.153347
焦点距離58mm 口径比1.4
レンズ構成6群7枚
マウントニコンF カニ爪あり
発売1960年3月発売

Nikon F3, NIKKOR-S AUTO 5.8cm F1.4, EB

やや長めの焦点距離のせいか,落ちついた印象を与えてくれるレンズである。