ニコン

U2

Nikon / U2

 ニコンのフィルムを使う一眼レフカメラとして,これよりあとに発売されたものはNikon F6だけである。すなわちNikon U2は,ニコンのフィルムカメラのうち,最末期の製品の1つということである。
 Nikon UNikon Usの後継機と思える名称,ボディのサイズ,イメージプログラムAEが用意されていること,操作ダイアルが1つだけであることなどは,Nikon U2がいわゆるエントリークラスの機種であることを示している。しかし機能面では,多分割測光の分割数など中級機種とされるNikon F80より充実しているところもある。Nikon U2は,フィルムを使う一眼レフカメラとして,最後のエントリークラスの機種であるとともに,最後の中級機種ということができる。言い方を変えれば,エントリーモデルNikon Usと同等なサイズのボディに,中級機種Nikon F80に相当する機能を盛り込んだカメラとなる。

Nikon U2, No.
シャッター電子制御縦走り金属幕
シャッター速度B,30〜1/2000スピードライト同調X接点 1/90sec
露出モードオート(イメージプログラム5種),プログラムAE(プログラムシフト可能),シャッター速度優先AE,絞り優先AE,マニュアル露出
露出計3D-25分割マルチパターン測光(Dタイプレンズ),中央部重点測光(マニュアル露出時)。
内蔵スピードライトGN12 (ISO100), 28mmレンズをカバー,スローシンクロ,後幕シンクロ可
ファインダー内情報シャッター速度,絞り,露出計
発売2003年3月