ニコン

F-401S

Nikon / F-401S

 ニコンのAFシステム一眼レフカメラで最初のエントリーモデルF-401のAFセンサが改良された機種である。
 F-401と同様の,ガイドナンバー12(ISO 100)のポップアップ式スピードライトを内蔵している点や,使わないときでも完全に発光部が隠れないデザイン,電源が単3乾電池4本であることや,ボディ側のダイアルで絞りをコントロールするユーザインタフェースなどは,さらに後継機であるF-401Xにも引き継がれていく。

Nikon F-401S, No.5527240
シャッター電子制御縦走り金属幕
シャッター速度B,1〜1/2000
内蔵スピードライトGN12,35mmレンズをカバー調光TTL
露出モードプログラムAE,絞り優先AE,シャッター速度優先AE,マニュアル
露出計3分割マルチパターン測光,マニュアル露出時は中央部重点測光
ファインダー内情報露出計表示(−●+),合焦表示
発売1989年